バストアップの食べ物はこの5つでOK!胸を大きくするレシピも紹介!

バストアップに良い食べ物がある!という話は聞いたことがあるけれど、実際にどんな食べ物をどのくらい食べれば良いんだろう…?

このようにお考えではないですか?なんとなくは分かるような気もするけれど、具体的な事はイマイチ分からない…という方も多いのではないでしょうか。

そこでこちらではまず食べ物で胸が大きくなるメカニズムと、バストアップのために超重要な5つの栄養素についてお伝えしていきたいと思います。

また今回は、その大切な栄養素を活かした「胸を大きくするための簡単&美味しいレシピ(食べ物5つ・飲み物2つ)」を、実践クッキング画像付きで分かりやすく紹介させていただきます!

バストアップに効果的な食べ物で、ふんわりとした誰もが憧れるようなバストを手に入れたい…!そうお考えであれば、ぜひ最後まで読んでみて下さいね♪

食べ物でバストアップする仕組の秘密は「乳腺」が握っている!

これを食べるとバストアップする!という噂の食べ物はたくさんありますが、そもそもどのような仕組みでバストアップするのでしょうか…!?

こちらについて先に結論から言うと、バストアップに良い食べ物を食べると乳腺が発達する=乳腺の周りについている脂肪が増える=胸が大きくなる!という仕組みになっているから、というのが答えです。

…う~ん、だいたいは分かったけど、結局それってどういう事なの?という疑問をお持ちの方も多いと思うので、図を使って簡単に説明していきますね♪

バストは乳腺10%・乳腺脂肪90%で出来ている!

こちらはバストの作りを表した図です。バストは根っこのような形をしている「乳腺」が10%・その周りに付いている「乳腺脂肪」が90%の割合で出来ています。

ほとんどが脂肪で出来ているバスト…!ふわっとした大きなバストを目指すのであれば、この乳腺脂肪を増やさないといけません。

そしてその乳腺脂肪を増やすには、そもそも乳腺を増やす必要があります。先ほども申し上げた通り、乳腺10%:乳腺脂肪90%の割合でバストが出来ているので、例えば乳腺が「1」増えたとすると、乳腺脂肪は「9」増えるという仕組みになっています。

…という事は、バストアップのカギを握っているのは「乳腺」だという事になりますよね!でも、乳腺の発達を促すにはどうすれば良いのでしょうか…?

その答えの一つとして「乳腺の発達を促す食べ物」を食べるという方法があるんです。

食べ物で乳腺の発達を促してバストアップするには、女性ホルモン(エストロゲン)が重要!

具体的にどのような食べ物を食べると良いのか?と言うと、女性ホルモンであるエストロゲンと同じような働きをする栄養素を摂ると良いと言われています。

ただ、普通に食事をしているだけでは、どの食べ物にどれだけバストアップの要素が隠れているのかが分かりませんよね。(涙)

なのでまずは、どのような栄養素がバストアップに効果的なのか・どのくらい摂れば良いのか?を知る事が大切です。

ちなみにいくらバストアップに良いからと言って、偏った栄養素を摂りすぎるのも良くありません。場合によってはホルモンバランスが崩れてしまう場合もあるので、そこだけは必ず注意しておきましょう!

このような知識を入れておくと、日常でバストアップに効果的な食べ物を正しく取り入れる事ができ、よりふっくらとした魅力的なバストに近付けます♪

バストアップに効果バツグンの食べ物!注目の5つの栄養素とは…?

では早速、バストアップに効果がある食べ物の中で、注目しておきたい5つの栄養素をお伝えしていきます!

まずはこの5つの栄養素を一覧表にしたものを見ていきましょう。その後、それぞれの栄養素の詳細について紹介させていただきます♪

バストアップに良い食べ物!重要な栄養素5つの一覧表

栄養素の名前 なぜ良いの? 食べ物の例
大豆イソフラボン 大豆イソフラボンは、女性ホルモン「エストロゲン」(卵胞ホルモン)に似た働きをし、体の内側からバストアップをサポートしてくれます。
  • 納豆
  • 豆腐
  • きな粉
ボロン ボロンは「ホウ素」と呼ばれるミネラル分の一種で、女性ホルモン「エストロゲン」(卵胞ホルモン)の血中濃度を高めてバストアップをサポートしてくれます。
  • キャベツ
  • リンゴ
  • ナッツ類
タンパク質 タンパク質は筋肉・肌・髪などを作る大切な栄養素です。また体内のホルモンバランスを整えてくれる役割があります。
  • 肉類
  • 魚類
ビタミンE 女性ホルモンの分泌に関わる脳下垂体に働きかけ、ホルモンバランスを正しい数値にコントロールする働きがあります。
  • アボカド
  • かぼちゃ
  • アーモンド
ビタミンC ビタミンCはこのコラーゲンの生成に欠かせない栄養素です。バストにハリとツヤを与える役割があります。
  • アセロラ
  • ピーマン類(赤・緑・黄)
  • キウイ

バストアップに良い栄養素①:大豆イソフラボン

大豆イソフラボンとは、大豆に含まれているポリフェノールの一種です!昔から健康・美容に良いとされている栄養素になり、女性ホルモンであるエストロゲンに非常に似た働きをします。

大豆イソフラボンと摂ることで、エストロゲンが活性化して乳腺の発達を促す効果が期待できるので、バストアップへの効果が非常に高いとされているんです!

そんなバストアップの救世主のような大豆イソフラボンですが、過剰摂取には一番気を付けておきたい栄養素となります。

1日の上限を超えてしまうと、ホルモンバランスが乱れてお肌が荒れてしまったり、場合によっては生理不順になる可能性もあると言われています。

ちなみに大豆イソフラボンの上限量をネットで調べても、割と情報がバラバラだったりしますが、農林水産省から正式に発表されている上限量は70~75mgです。(参照:大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A|農林水産省

日本食には大豆イソフラボンが入っているものも比較的多いので、意識的に摂るのは約50~60mgくらいに抑えておくと良いと考えられます。バランス良く取ってバストアップに活かしてみましょう!

大豆イソフラボンを含む主な食べ物 イソフラボン含有量
一日の摂取目安 約50~60mg
納豆 1パック(45g) 約36mg
豆腐 1/2丁(150g) 約40mg
きな粉 大さじ1(6g) 約9.6mg
味噌 大さじ1(18g) 約8.9mg
豆乳ドリンク 1本(200cc) 約41mg
油揚げ 1枚(30g) 約12mg
1日に意識的に摂取したい大豆イソフラボンの例え

  • 納豆1パック(36mg)+お味噌汁1杯(5mg)+豆腐4分の1丁(20mg)=61mg 
  • 豆乳ドリンク1本(41mg)+きな粉大さじ1杯(9.6mg)=50.6mg 

バストアップに良い栄養素②:ボロン

ボロンとはミネラルの一種であり、別名「ホウ素」とも言います。ボロンにも女性ホルモンであるエストロゲンを刺激して、乳腺の発達を促す効果があると言われているんです…!

キャベツを食べてバストアップに成功した!という話は、もしかすると聞いたことがあるかもしれません。実はこの理由も、キャベツにはボロンが含まれているからという事になります!

ボロンを摂取する時に、気を付けておきたい点があります。それは、ボロンは熱にとても弱い栄養素であるという事です。

例えば、キャベツなどの野菜は炒めたり茹でることでかさが減って食べやすくなるとは思いますが、ボロンを摂取してバストアップに活かす!という目的であれば、生で食べるようにしておきましょう。

ちなみに、アメリカ合衆国国立衛生研究所という機関では「正常なヒトの食事におけるホウ素の1日当たりの総摂取量の範囲は2.1から4.3mgである」と発表されています。(参照:ホウ素|Wikipedia

もちろん、食べ過ぎるとホルモンのバランスが崩れてしまう可能性があるので、1日に3mgあたりを目指して摂取するのが良いと言えるでしょう!

ボロンを含む主な食べ物 ボロン含有量
一日の摂取目安 約3mg
キャベツ 4分の1玉(約200g) 約2.14mg
りんご 1個(約300g) 約1mg
とろろ昆布 30g 約3mg
アーモンド 100g 約3mg
ブロッコリー 1房(約400g) 約0.8mg
レーズン 50g 約2.3mg
1日に意識的に摂取したいの例え

  • キャベツ8分の1玉(1mg)+りんご1個(1mg)+アーモンド20粒(0.6mg)=2.6mg 
  • とろろ昆布20g(2mg)+レーズン20g(0.92mg)=2.92mg 

バストアップに良い栄養素③:タンパク質

タンパク質とは人の体の中で15~20%を占めている、とても重要な栄養素の一つです!ちなみにお肌・爪・髪の毛・筋肉・ホルモンなどは、すべてタンパク質から作られるものになります。

バストアップに繋がると言われている理由が、ホルモンの分泌を正常になるようにコントロールしてくれるという点です。体の基礎になる栄養素でもあるので、美容&健康のためにしっかりと取り入れたいですね!

肉・魚・チーズなどから摂れる「動物性タンパク質」や、大豆や小麦から摂れる「植物性タンパク質」を、バランス良く食事に取り入れると良いと言われています。

また厚生労働省が推奨している一日の摂取量の目安は、女性であれば12~17歳で55g・18歳以降であれば50gとなっています。(参照:たんぱく質|厚生労働省

大豆イソフラボンなどの他のバストアップに効くものと合わせる場合は、その食材のタンパク質の量もプラスで考えてみて下さいね♪

タンパク質を含む主な食べ物 タンパク質含有量
一日の摂取目安 約50g
生ハム 100g 約24g
鶏ささみ 2本(約100g) 約23g
Mサイズ1個(約50g) 約6g
スライスチーズ 1枚(約20g) 約4g
するめ 100g 約69g
イワシ丸干し 1尾(食べれる部分約50g) 約16.4g
1日に意識的に摂取したいの例え

  • 鶏ささみ2本(23g)+するめコンビニサイズ1袋20g(14g)+卵2個(12g)=49g 
  • イワシ丸干し2尾(33g)+生ハム30g(7g)+スライス2枚(8g)=48g 

バストアップに良い栄養素④:ビタミンE

若返りのビタミンとして知られているビタミンEは、バストアップにとても良いビタミンである事が分かっています!

実はビタミンE、別名は「トコフェロール」といってこれはギリシャ語で「子供を産む力をあたえる」という意味があるくらい、女性ホルモンと関りの深いビタミンなのです。

ビタミンEは、ホルモンの分泌を調整する脳下垂体に働きかけて、ホルモンバランスを整えてくれるという効果があります。女性ホルモンのバランスが整うという事は、バストアップはもちろん健康にも良いと言えるでしょう。

ちなみに厚生労働省が定めた1日の摂取量の目安は、成人女性で6mgと発表しています。(参照:日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要|厚生労働省

ビタミンEは体内に蓄積しにくいので、過剰摂取にはなりにくい栄養素ではありますが、サプリメントなどで補う場合は一応注意が必要だと言えます。

ビタミンEを含む主な食べ物 ビタミンE含有量
一日の摂取目安 約6mg
アボカド 1個(食べれる部分約120g) 約3.9mg
かぼちゃ スライス5枚(約100g) 約4.7mg
アーモンド 10粒(約10g) 約2.9mg
うなぎのかば焼き 100g 約4.9mg
いくら いくら軍艦2つ(約25g) 約2.3mg
モロヘイヤ 1袋(約100g) 約6.5mg
1日に意識的に摂取したいの例え

  • かぼちゃスライス3枚(2.8mg)+アーモンド10粒(2.9mg)=5.7mg 
  • アボカド1個(3.9mg)+いくら軍艦2つ(2.3mg)=6.2mg 

バストアップに良い栄養素⑤:ビタミンC

ビタミンCは美容・健康にとても良いと有名な栄養素です。美白・疲労回復・ストレスの緩和にもつながると言われているので、積極的に摂っている方も多いかもしれませんね!

ビタミンCは、コラーゲンというたんぱく質をつくるのにとても大切な栄養素になります。実はバストを支えているクーパー靭帯も、このコラーゲンから出来ているんです…!

ビタミンCを摂ると、お肌のハリ・ツヤはもちろんクーパー靭帯の強化にも繋がるので、バストアップのために意識して取りたい栄養素だと言えます♪

また、1日の摂取量の目安は成人女性で100mgとされています。(参照:日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要|厚生労働省

通常の食事で過剰摂取になる事はあまりないのですが、サプリメントで摂取する時などは気を付けておきましょう!

ビタミンCを含む主な食べ物 ビタミンC含有量
一日の摂取目安 約100mg
アセロラジュース 10%果汁のもの100g 約120mg
ピーマン 1個(食べれる部分約50g) 約38mg
キウイ 1個(食べれる部分約100g) 約69mg
いちご 1個(約10g) 約6.2mg
めんたいこ 1個(約35g) 約26.6mg
レモン 1個(約85g) 約85mg
1日に意識的に摂取したいの例え

  • キウイ1個(69mg)+めんたいこ1個(26.6mg)=95.6mg 
  • ピーマン1個(38mg)+いちご10個(62mg)=100mg 

バストアップに良い食べ物で作る簡単♪効果バツグンのレシピ5選!

バストアップに良い食べ物の栄養素は「大豆イソフラボン・ボロン・タンパク質・ビタミンE・ビタミンC」の5つである事が分かりました!

ただ実際の食生活に取り入れるとなると、たくさんありすぎて結局どれをどのくらい摂れば良かったんだっけ…!?(涙)と混乱してしまうかもしれません。

なので続いては、より具体的にバストアップに良い食べ物を食卓に取り入れるために、おすすめのレシピを実践画像付きで5つ紹介していきたいと思います!

どれも簡単にできるレシピなので、ぜひ試してみて下さいね♪

バストアップに効果的な食べ物で作る簡単レシピ5選!

レシピの名前 入っている
バストアップ食材
おすすめ度
やみつき塩キャベツ
  • キャベツ4分の1玉(ボロン)
アボカドと卵のサラダ
  • アボカド1個(ビタミンE)
  • 卵2個(タンパク質)
きのこの豆乳リゾット
  • ほうれん草2本(ビタミンE・C)
  • 豆乳150ml(大豆イソフラボン・タンパク質)
かぼちゃの味噌汁
  • 味噌大さじ1杯(大豆イソフラボン・タンパク質)
  • 豆腐2分の1丁(大豆イソフラボン・タンパク質)
  • かぼちゃ(ビタミンE・C)
  • ほうれん草(ビタミンE・C)
ピザ風鶏ささみチーズ
  • 鶏ささみ4本(タンパク質)
  • ピーマン半分(ビタミンC・E)
  • ミニトマト3個(ビタミンC・E)
  • チーズ(タンパク質)

バストアップに良い食べ物で作るレシピ①:やみつき塩キャベツ【所要時間:約7分】

生で食べにくいキャベツを、やみつきになる塩ダレでペロッと食べれちゃう簡単レシピです!キャベツ4分の1なら、一日に必要なボロンの摂取量の3mgはクリアできます。

ただ、すべて1日で食べきるのは結構キツイ(笑)と思うので、3分の1・2分の1くらいを目安にしてみても良いかもしれませんね!

ちなみにこちらのレシピは、冷蔵保存で2~3日大丈夫です。ただ作り立てが一番美味しいので、食べる量だけを作っていくスタイルもありだと思います♪

このレシピで摂れるバストアップ栄養素
  • ボロン「3mg」:一日の摂取量目安の100%をクリア!

バストアップに良い食べ物で作るレシピ②:アボカドと卵のサラダ【所要時間:約15分】

ビタミンEたっぷりのアボカドと、タンパク質が効率良く摂れるたまごのお洒落なサラダです!切ってあえるだけの簡単スタイルなのに、とっても美味しい…♪

アボカドは酸化するのが早いので、出来たらすぐに食べ終わらせたいところです。ボリュームもあるので、お腹がいっぱいになります^^

このレシピで摂れるバストアップ栄養素
  • ビタミンE「3.9mg」:一日の摂取量目安の70%をクリア!
  • タンパク質「12g」:一日の摂取量目安の25%をクリア!

バストアップに良い食べ物で作るレシピ③:きのこの豆乳リゾット【所要時間:約35分】

豆乳のリゾットは、バストアップに欠かせない栄養素である「大豆イソフラボン」をたっぷりと摂れるメニューです♪ほうれん草・きのこ・たまねぎなどの野菜も入って、とってもヘルシー!

もし全部食べきれなかった場合は、タッパーに入れて冷凍保存がおすすめです。2~3週間は保存がききますが、出来るだけ早めに食べる事をおすすめします。

このレシピで摂れるバストアップ栄養素
  • ビタミンE「2.6mg」:一日の摂取量目安の45%をクリア!
  • ビタミンC「9.5g」:一日の摂取量目安の10%をクリア!
  • 大豆イソフボラン「31mg」:一日の摂取量目安の55%をクリア!
  • 植物性タンパク質「5g」:一日の摂取量目安の10%をクリア!

バストアップに良い食べ物で作るレシピ④:かぼちゃの味噌汁【所要時間:約30分】

お味噌汁と言えば日本食の定番ですが、かぼちゃは相性がバツグンです♪大豆イソフラボンベースの味噌+豆腐に、ビタミンC・Eが同時に摂れるかぼちゃ+ほうれん草の、最強のバストアップ味噌汁になります!

食べきれなかった場合は、冷蔵保存で冬場は3日~4日くらい・夏場は2日くらいなら大丈夫です。食べる前に再度しっかり温めなおしてから、食べてみて下さいね^^

このレシピで摂れるバストアップ栄養素
  • ビタミンE「7mg」:一日の摂取量目安の100%をクリア!
  • ビタミンC「41g」:一日の摂取量目安の40%をクリア!
  • 大豆イソフボラン「50mg」:一日の摂取量目安の100%をクリア!
  • 植物性タンパク質「14g」:一日の摂取量目安の30%をクリア!

バストアップに良い食べ物で作るレシピ⑤:ピザ風鶏ささみチーズ【所要時間:約20分】

硬くなってしまいがちな鶏のささみですが、ピザ風アレンジを加えることで、とっても美味しく変化します!ちなみに、オーブンが無い方はトースターでも代用できるので、とても簡単です^^

タンパク質とビタミンがたっぷり摂れるので、バストアップの効果も期待できます。ささみは熱を通すたびに硬くなってしまうので、できればそのまま食べ終わりたいレシピですね♪

このレシピで摂れるバストアップ栄養素
  • 動物性タンパク質「45g」:一日の摂取量目安の90%をクリア!
  • ビタミンC「30g」:一日の摂取量目安の30%をクリア!
  • ビタミンE「0.7mg」:一日の摂取量目安の10%をクリア!

バストアップに効果ありの食べ物は飲み物にしてもOK!私のおすすめレシピはこれ!

バストアップに効果的な食べ物を、ドリンクにして効率良く摂取するのもおすすめの方法です。ミキサーなどで細かくする事で飲みやすくなり、手軽さがグンッと増します!

こちらでは、特に簡単でおすすめの私が実際に実践しているバストアップドリンクを、厳選して2つお伝えしていきますね!

バストアップに効果的な食べ物で作るドリンクレシピ2選!

レシピの名前 入っている
バストアップ食材
おすすめ度
ほうれん草とりんごのスムージー
  • ほうれん草1本(ビタミンC・E)
  • りんご1個(ボロン)
豆乳きなこバナナジュース
  • 豆乳150ml(大豆イソフラボン)
  • きなこ大さじ1(大豆イソフラボン)
  • バナナ1本(ビタミンC・E)

バストアップに良い食べ物で作るドリンク①:ほうれん草とりんごのスムージー

ビタミンがたっぷりのほうれん草と、ボロンを多く含むりんごのバストアップスムージーになります。デトックス効果もあるので、便秘が気になる方にもおすすめです!

水だと飲みにくい…!(涙)という場合は、水を豆乳に変えてもOK♪豆乳に変えるメリットとしては、大豆イソフラボンが多く摂れるというのがありますが、デメリットとしてデトックス効果が下がるという点が挙げられます。

目的に合わせて、自分の飲みやすいようにアレンジするのが良いと言えるでしょう!

このレシピで摂れるバストアップ栄養素
  • ボロン「1mg」:一日の摂取量目安の33%をクリア!
  • ビタミンC「5g」:一日の摂取量目安の5%をクリア!
  • ビタミンE「1.3mg」:一日の摂取量目安の20%をクリア!

バストアップに良い食べ物で作るドリンク②:豆乳きなこバナナジュース

大豆イソフラボンだっぷりの定番ドリンクです。味もとても美味しいので、続けやすいバストアップドリンクだと言えるでしょう!

メープルシロップやはちみつ・黒蜜などを、トッピングとして入れてもGOODです♪ただ、入れすぎると糖質が高くなりすぎるので、注意が必要だと言えます。

このレシピで摂れるバストアップ栄養素
  • 大豆イソフラボン「36mg」:一日の摂取量目安の70%をクリア!
  • ビタミンC「16g」:一日の摂取量目安の16%をクリア!
  • ビタミンE「0.5mg」:一日の摂取量目安の10%をクリア!

食べ物だけに頼りすぎてもNG!更にバストアップしたい場合はこれ!

バストアップに効果的なレシピの例として、食べ物5つ+飲み物2つをお伝えさせていただきました!バストアップに効果的な栄養素を、口から摂取するのはとても良いと言えるでしょう♪

ただ、食べ物だけに頼りすぎるのもあまり良くはありません。それは、食べ物でのバストアップ方法にも限界はありますし、人によってはあまり合わない…といった場合もあるからです。

これは食べ物によるバストアップ方法だけではなく、すべてのバストアップ方法に同じ事が言えます。

本気でバストアップしたい場合は、色々なバストアップ方法を組み合わせて、バストアップ効果を総合的に高めてあげる事が大切です!

なのでこちらでは、食べ物以外のバストアップ方法もすべて比較してみて、結局一番どんな方法がおすすめなのか?というところを、お伝えしていきますね♪

バストアップの6つの方法を比較してみました!

方法 効果期待度 手軽さ コスト おすすめ度

ナイトブラ

効果あり

着るだけ
約2千円~5千円

バストアップクリーム

効果バツグン

塗りながらマッサージが必要
約2千円~7千円

バストアップサプリ

効果バツグン

副作用の可能性もある
4千円~1万円

バストアップエクササイズ

効果あり

継続する事が少し大変
無料~ジム代

睡眠をしっかりとる

良い

生活習慣を正す
無料

バランスの良い食生活を心がける

良い

習慣化すれば楽
食費

バストアップ方法でおすすめなのは、規則正しい生活を送る事+ナイトブラ・バストアップクリーム!

まず、すべてのバストアップ方法の効率を上げるベースとなるのは、規則正しい生活を送ることです。睡眠はしっかりと取る+ごはんは3食きっちりとバランス良く食べるといった事を意識してみましょう。

また、ナイトブラとバストアップクリームでの育乳法もおすすめだと言えます!特にナイトブラは夜に着けて寝るだけで、バストの形を綺麗に整えてくれる効果があるので、とても楽なケア方法なのでイチオシです。

バストアップクリームでバストアップマッサージをするという方法も、ナイトブラより少し手間は掛かってしまいますが、効果性がバツグンなのでおすすめです。

バストアップ成分が入っているクリームで、乳腺を優しく刺激するようなマッサージを続ける事で、大きなバストアップ効果を期待する事ができます。


(↑バストアップ活動を始める前の私。離れ乳+Bカップが悩みでした。)

編集部である私も、元々はB65だったのですが、ナイトブラ+バストアップクリームでのバストケアを始めて9ヶ月が経ちますが、今ではE65になりました!昔から悩みだったコンプレックスが解消されたのでとても満足です♪


(↑ワイヤーがないブラや水着でも、しっかりと丸みが出てくれています!)

ふわりみでは話題のナイトブラを35種類購入して試したデータを元に、本当に効果性の高いナイトブラをランキング形式でお伝えしています!

ふっくらとしたマシュマロのようなバストになりたい…!そうお考えであれば、ぜひこちらも参考にしてみて下さいね♪

またバストアップクリームも同じように、35種類の商品を徹底調査しました!より集中的に効果を得たいのであれば、こちらもチェックしてみて下さいね^^

バストアップに効果バツグンの食べ物でふんわり美乳を手に入れましょう♪

今回こちらではバストアップに効果的な食べ物で、大切な栄養素は「大豆イソフラボン・ボロン・タンパク質・ビタミンE・ビタミンC」の5つだという事をお伝えしました。

また、食べ物でバストアップ成分を効率良く摂るためのバストアップレシピを5つ・飲み物レシピを2つ紹介させて頂いてました!どれも簡単+美味しいレシピなのでぜひ試してみて下さいね^^

食べ物からバストアップ成分を補うのはとても良いですが、できれば他のバストアップ方法とも併用してあげるのをおすすめします!そうする事で、ふっくらとしたマシュマロ美乳により早く近づく事ができるでしょう♪

>>バストアップに大切な食べ物の5つの栄養素をもう一度チェックする!

>>バストアップに効果バツグンの食べ物レシピ5つをもう一度チェックする!

>>バストアップに効果バツグンの飲み物レシピ2つをもう一度チェックする!

この記事のURLをコピーする